ブルーライトを削減!PCメガネの選び方とおすすめブランド

ブルーライトを削減!PCメガネの選び方とおすすめブランド

PCメガネをご存知ですか?PCメガネはブルーライトを削減するメガネのことです。

ブルーライトはパソコンやスマホの液晶から発生する光で、眼精疲労や視力低下や安眠妨害など様々な悪影響があります。PCメガネはそんなブルーライトをカットする効果が期待できる画期的なアイテムです。

パソコンやスマホの利用が多い方にマストなアイテムですが、実際のところ本当に効果があるのか不安ですよね。
結論を言うと、効果はあります。ただしPCメガネの選び方や使い方を間違えると、あまり効果を実感できない可能性があります。

そこで正しいPCメガネをの用法と、購入する際の選び方について本記事で紹介していきます。

目次

そもそもブルーライトってなに?

ブルーライトをカットするという売り文句で話題になったPCメガネ。
「ブルーライトは体に悪いって聞くけど、そもそもブルーライトってなに?」と思う方もいるでしょう。

まずはブルーライトについて掘り下げていきましょう。

ブルーライトについて

ブルーライトとは、紫外線並みに強いエネルギーをもつ光のことです。

名前から青色の光と勘違いされやすいですが、白色光と呼ばれる太陽光や蛍光灯の光にもブルーライトは含まれています。青い光だけにブルーライトがあるというわけではありません。

また「ブルーライト=害悪」というイメージがありますが、ブルーライトが与える影響にはメリットもあります。

ブルーライトには「メラトニン」という睡眠ホルモンを抑制するはたらきがあります。
目をさましたい時は、日の光やスマホの画面でブルーライトを浴びると眠気がさめてシャキっと活動できるようになります。

このことからブルーライトは完全に排除するべきではなく、上手に付き合う必要があるのです。

ブルーライトの問題点

太陽光や蛍光灯よりも、ブルーライトを多く発するのはLEDです。
LEDといえば照明器具を思い浮かべますが、パソコンのモニターやスマートフォン、テレビなどにも使用されています。

パソコンやスマートフォンの普及により、私たちがブルーライトを浴びている時間は1日10時間以上と言われています。

ここで思い出して欲しいのが、ブルーライトは紫外線並みに強い光ということです。
紫外線級の光を1日10時間、しかも間近で浴び続けていると考えるとなかなかゾッとしませんか?

またブルーライトは目の角膜や水晶体では吸収されず、網膜にまで直接届く光です。そのためブルーライトの影響を最も浴びるのが眼球になります。

ブルーライトが与えるデメリット

寝つきが悪くなる

先述したとおり、ブルーライトには睡眠をうながすホルモン「メラトニン」を抑制するはたらきがあります。
起床時にブルーライトを浴びると目を覚ましてくれる効果がありますが、逆にいえば就寝時に浴びると目がさえて眠りにくくなります。

眼精疲労

ブルーライトの強い光を受け続けると、目に負担がかかり眼精疲労を起こします。

パソコン作業をずっとしていたら、目が痛くなったという経験はありませんか。
少し休めば痛みは緩和しますが、目に疲労が溜まりすぎると休んでも目の痛みが治まらなくなります。

また眼精疲労は頭痛や耳鳴り、めまい、吐き気、肩コリなどの症状も引き起こします。

網膜の損傷

強い刺激を持つブルーライトを浴び続けると、網膜細胞が損傷します。
ものがゆがんで見えるなどの網膜疾患を引き起こすだけではなく、加齢黄斑変性症を引き起こす原因にもなります。

以上のデメリットを改善するためにはどうすればいいのでしょうか。
最も効果的なのが、ブルーライトをカットして目を保護する「PCメガネ」と言われています。

PCメガネの効果は?

PCメガネをかけることで以下の効果があります。

目の疲れや痛みが減る

パソコン作業をしているとつい画面に注視してしまうため、1時間ぐらい経つと目に疲れを感じて作業が中断することがしばしばありますよね。

PCメガネを着用すれば、目の疲れや痛みをぐっと感じにくくなります。そのため長時間の作業も苦にならず進められます。

寝やすくなる

パソコンやスマートフォンを利用した後は、目が冴えてすぐに眠ることがなかなかできません。目が乾いて痛いという意識で、横になってもリラックスすること自体が難しいです。

しかしPCメガネをつけると目の疲れを感じることが減るため、かなり楽になります。

手軽

ブルーライトを削減する方法はアプリやフィルムなど様々ありますが、ブルーライトが発生する地点もまた太陽光やテレビ、電球など様々です。PCメガネならデバイスや場所を選ばず、持ち運び可能でどこでも気軽に使えます。

PCメガネの正しい選び方

PCメガネには2種類のタイプがあります。
見た目だけではなく、性能にも違いがあるのでご自分のスタイルに合うタイプを選びましょう。

【長時間利用向き】ブルーライトを吸収するタイプ

ブルーライトを吸収して、目の負担をカットするタイプのPCメガネです。ブルーライトのカット率は約40~50%で高いのが特長です。

ただしレンズの色が濃いため、吸収タイプのメガネを掛けると景色が黄色がかって見えます。普段使いするには少々見た目が不自然なため、自宅用か長時間どっしり腰を据えて作業する時に適しています。

【日常使い向き】ブルーライトを反射するタイプ

ブルーライトを反射してカットするタイプのPCメガネです。吸収タイプと違い、レンズが透明なのが特長です。
普通のメガネとさほど違いがないため、街中でもオフィスでも気軽に使用できます。普段使いに最適のタイプです。

ただし吸収タイプと比べてブルーライトのカット率は低いです。反射タイプで効果が実感できないという場合は、吸収タイプに変更すると良いでしょう。

おすすめのPCメガネブランド

手軽に買うなら「JINS(ジンズ)」

PCメガネで真っ先に思い浮かぶのが、JINS(ジンズ)ではないでしょうか。JINSはオシャレで低価格をウリにしたブランドで、PCメガネに至ってはシェア率ナンバー1です。
店舗数も多く気軽に来店できるため、迷ったら「JINS SCREEN」を選べばまず間違いはないでしょう。

また「JINS SCREEN」は2017年10月に大幅リニューアルし、PCメガネ特有のレンズの黄色味を抑え、より自然な見た目の新モデルが発売されました。フレームのテンプルエンドは簡単に折り曲げて調整することもでき、非常に軽やかで扱いやすいメガネです。

どんな人にも馴染みやすいPCメガネなので、普段メガネをかけない人にもおすすめです。

JINS

ジンズスクリーン

カスタマイズにこだわるなら「Zoff(ゾフ)」

メガネのカスタマイズにこだわりたい人には、Zoff(ゾフ)がおすすめです。JINSと同様、低価格でおしゃれなメガネが特長のブランドです。

パッケージタイプについては、JINSよりカット率が高いです。コスパ的には五分五分だと思います。

しかしZoffで注目していただきたいのはパッケージタイプではなく、フレームセレクトタイプです。
好きなフレームを選んでブルーライトカットレンズに加工してくれるサービスはどのブランドにもありますが、Zoffはフレームやレンズの種類が豊富で自分だけのたったひとつのメガネが作れます。

メガネにはとことんこだわりたい方には、Zoffがおすすめです。

安さで選ぶなら「ELECOM(エレコム)」

ELECOM(エレコム)は家電量販店ではおなじみの低価格ながらもコストパフォーマンスの高いブランドです。
PCメガネに興味はあるけど、値段が気になるという方にはお試しでエレコムのPCメガネを使ってみるのもいいでしょう。

デザインやフレームは至って普通なので、見た目にはこだわらない。コスパ重視の方におすすめです。

まとめ

情報社会である現代では、パソコンやスマートフォンは日常でもビジネスでも切っても切れない存在になりました。

日頃からついつい目を酷使してしまいがちですが、情報社会の今だからこそ目は資本であり、一生の宝です。
これからも末長く付き合っていくためにも、ちょっとしたひと手間で目を労ってあげてください。

ブルーライトを削減!PCメガネの選び方とおすすめブランド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる