夏バテ?実はその不調、冷え性です

憂鬱な梅雨が過ぎたと思いきや、間髪入れずにやって来る猛暑。真夏の強い日差しとジメジメとした湿気は非常に厄介です。この時期はだるくて疲れも取れず、仕事に身が入らないと感じる方も多いのではないでしょうか。

いわゆる「夏バテ」という症状です。

暑さによるエネルギーの消耗が夏バテの原因と言われているため、室温を下げたり、冷たいものを食べて夏バテ対策する人も多いでしょう。ところが、その夏バテ対策が逆効果になっている可能性があります。

目次

本当の原因は冷え性!?現代型夏バテの原因

今まで夏バテは「暑さ」と「紫外線」が原因と言われていました。

しかし最近では家でも公共施設でも、冷たいクーラーがどこででも効いてるため、涼しい部屋で過ごすのが当たり前になりました。夏の暑さを忘れて快適に過ごせる一方、冬よりも体を冷やしている可能性があります。

特に室内外の温度差が大きいほど、体温調整のためにエネルギーを消耗します。エネルギーの消耗で身体が疲弊し、夏バテを引き起こすのです。そして食欲がないからといって冷たい麺類やアイスなどを食べ過ぎると、内側からも身体を冷やしてしまい悪循環に陥ります。

身体を冷やしすぎると、胃もたれや消化不良などの症状も現れます。また暑い屋外と寒い室内の出入りを繰り返していると、自律神経やホルモンバランスの乱れやすくなります。
自律神経やホルモンバランスの乱れは、夏が終わっても慢性的に続きやすいので注意が必要です。

このことから毎日冷房の効いた部屋で過ごしてるのに「身体がだるい」「疲れた」と感じるのなら、冷えによる夏バテの可能性が高いです。冷えによる夏バテの場合、冷たい飲み物や食べ物を取ると逆効果になるので気をつけましょう。

冷えによる夏バテの対策

では冷えによる夏バテの場合は、どう対策すればいいのでしょうか。
もちろん身体を冷やすと逆効果になるので、身体を温めるようにしましょう。

①飲み物は常温かホットドリンク

汗をかきやすい夏に水分補給は欠かせません。しかし冷たい飲み物をとりすぎると身体を冷やしてしまうため、なるべく常温で飲むようにしましょう。

また部屋が寒いと感じた場合は、ホットドリンクを飲むのが良いでしょう。
身体を温める効果がある飲み物は「紅茶」「ショウガ湯」「ココア」です。

特に血行促進や免疫を上げる効果があるショウガ湯がおすすめです。
生のすりおろしショウガで作ったショウガ湯が一番効果が高いですが、ちょっと用意するのが面倒という場合はコンビニで売られているものでも良いでしょう。

ショウガ湯が苦手な方は、紅茶にすりおろししょうがを入れてジンジャーティーにして飲む方法もあります。

②温熱シートで身体を温める

胃や腸は冷えによって調子を崩しやすいです。そのためカイロ温熱シートで直接温めると良いでしょう。
お腹周りや腰など下半身を温めるだけで、全身もポカポカと温まってくるのでおすすめです。

使い捨てカイロや温熱シートだと出費がかさんでしまうので、繰り返し使えるタイプもおすすめです。

③上着やひざ掛けを活用する

冷房で寒いと感じたらカーディガンを羽織ったり、ブランケットを使って身体を冷やさないようにしましょう。

最近ではコンパクトに折りたためるひざ掛けなどが販売されているため、かばんに入れて、いつでもサッと取り出せるようにしておくと良いでしょう。

④ぬるま湯に浸かる

暑いからといってシャワーで済まさず、しっかりお風呂に入って身体を温めましょう。38度のぬるま湯にゆっくりと浸かるだけでも代謝が上がります。

クールタイプの炭酸ガス入浴剤なら入浴後でも身体がほてることなくサッパリするのでおすすめです。

⑤運動をする

軽く汗をかく程度でも良いので、体をまめに動かしましょう。
デスクワークは特に同じ姿勢で長時間過ごすことも多いので、血行が悪くなって体温が下がりやすいです。

休憩時間にストレッチやウォーキングを実施して、代謝や体温が上げましょう。

やせる、不調が消える 読む 冷えとり

まとめ

ジメジメして暑い日はついつい冷房に頼ってしまいがちです。
しかし暑いからといって身体を冷やしすぎると、かえって体調を崩してしまいます。

夏バテを防ぐためには、適切な温度管理が重要です。体調をしっかり整え、快適な夏を過ごしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる