座りながら30分のウォーキング!?ダイエット器具「the TOMBO」

 

最近座ってばかりで運動してない

座り仕事が多いと、ついつい怠ってしまう運動。
運動が不足すると、体重が増えたり、筋力が落ちたり、病気になりやすくなる等、様々なリスクを負います。

しかし「運動をしなければ」と意識はあるものの、忙しくて運動する時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

 

仕事をしながら運動ができたら良いのに

運動はしたいけど、運動する時間がない。
そんなお悩みを抱える方に、座りながら運動ができるトレーニング機器「the TOMBO」を紹介します。

目次

トレーニング機器「the TOMBO」とは

the TOMBO」は、オフィスや家で座ったまま運動ができるトレーニング機器です。
左右に丸いペダルがぶら下がっているだけの小さな器具なため、場所も取らず設置も簡単です。

使い方も簡単。イスに座って、両足をペダルに載せるだけです。
ペダルに足を載せると、足がバランスを取ろうと無意識に筋肉を使ってブラブラと動きます。この振り子運動を繰り返すことで、自然とトレーニングになるのです。

そのトレーニング効果は、5時間のデスクワークで30分のウォーキングに相当するカロリーを消費します

「5時間に対してたった30分だけ?」と一見少ないように感じるでしょう。
しかし仕事終わりに確保していた30分のウォーキングが、仕事中にできてしまうと考えれば、プライベートの時間が毎日30分節約できます。

the TOMBOの効果

the TOMBOは、アメリカのイリノイ大学とメイヨークリニックによる検証で、「NEAT(無意識にカロリー消費できる、日常生活における軽い動き)」が可能な健康器具として認められています。

検証では、the TOMBOを使用するとただ座っているよりも17%~20%多くカロリー消費することが可能とのこと。デスクワークをしながら5時間HOVRを使い続ければ、約30分間のウォーキングをしたことになります。

またthe TOMBOを使用することで、以下2つの効果も期待できます。

生産性の向上

長時間座っていると、生産性が低下すると言われています。
同じ姿勢を続けていると、筋肉が緊張して凝り固まり、腰痛や肩こりなどの痛みが発生するからです。

また「動かない」という状態は、心身に多大なストレスを与えます。
本来人間の体は動くために設計されているため、長時間動かずに座っていると体にストレスが募るのです。イライラすると、つい手や足を動かしてしまうのがその証拠です。

そこで座りながらthe TOMBOで足を動かすことで、動きたいストレスを緩和し、集中力の低下も防げます。

血行促進

長時間座っていると、血流が悪くなります。血流が悪くなると、肩こりやむくみ、冷え性のほかエコノミークラス症候群などの恐ろしい病気になるリスクがあります。

the TOMBOを使って足を動かせば、下肢に滞ることなく血が循環するため、血行促進に役立ちます。

the TOMBOの設置方法

the TOMBOには、二つの設置タイプがあります。

置くだけタイプ」は床に置くだけですぐに設置できます。

吊り下げタイプ」はデスク下に固定して設置します。
置くだけタイプより設置に手間がかかりますが、設置にかかる時間はわずか15分間とのこと。必要な工具は同梱されており、わかりやすい説明書とビデオが用意されています。

どちらも小型で軽量なため、場所を取らず、女性一人でも設置できます。

またオフィスで使用したいけれど、音が鳴ったりうるさかったりするのではないかと心配になりますよね。
the TOMBOはオフィスでの使用を前提にしているため、静音設計されています。
アメリカのApple社やGoogle社でも採用されているそうです。

ストラップカラーは「レッド、ダークブルー、ホワイト、イエロー、ライトブルー、ゴールド、ピンク」の7色です。お好きな色を選びましょう。

出典:the TOMBO

まとめ

「仕事しながら運動できればいいのに」を叶える夢のようなトレーニング機器the TOMBO。

運動はしたいけど時間がないというデスクワーカーさんに是非おすすめしたい器具です。運動不足を解消して、健やかに仕事をしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる