居眠り対策!仕事や勉強中の眠気を解消する方法

仕事や勉強中に急に眠気に襲われることがありませんか?

特に昼食でおなかがいっぱいになった午後はついついウトウトしてしまいますよね。眠気を解消するためには仮眠をとるのが一番の解決法です。しかし会議や授業など仮眠を取るのが難しい時もあるでしょう。

日中の眠気にお困りの方のために、本記事では眠気を覚ますための簡単な方法をご紹介します。

目次

仕事や勉強中に眠くなるのはナゼ?

そもそもなぜ日中に眠気を急激に感じるのでしょうか?主な原因は以下の3つです。

睡眠不足

夜に十分な睡眠が取れておらず、睡眠不足で眠気を感じている可能性が高いです。

しっかり睡眠時間を取っていても、眠りが浅いと脳の疲れが取れず睡眠不足になります。睡眠を取っているはずなのに日中に眠気を感じる方は、睡眠の質を高めることが大事です。

満腹

朝食や昼食でお腹がいっぱいになると、副交感神経が働いて脳がリラックスします。
脳がリラックスすることで眠気を感じるようになってしまうため、朝食や昼食は腹八分目にしておきましょう。

脳の疲労

ヒトの身体の機能として、脳に疲れが溜まると脳を休ませるために睡眠を促す睡眠物質が増えます。この睡眠物質が原因で日中に眠気を感じるようになってしまいます。

身体の機能なのでどうしようもできないことですが、疲れを感じたら定期的に休憩を挟むといいでしょう。

眠気を解消する方法

ここからは急な眠気を即座に解消するための方法を紹介します。
簡単に誰でもできる方法なので是非お試しください。

身体を動かす

眠気を覚ますには軽い運動が効果的です。体を動かすと交感神経が働き、血圧や体温が上がって目が覚めます。
眠気を感じたら背や腕を伸びしたり肩を回すなどの簡単なストレッチをしましょう。

お手洗い休憩のついでに軽く歩き回るのもおすすめです。

カフェインを取る

カフェインには眠気を抑える効果があります。そのため眠気覚ましにコーヒーや緑茶、エナジードリンクなどカフェインが入った飲み物がおすすめです。

ただしカフェインを摂取してから眠気覚ましの効果が現れるまで30分ほど時間がかかります。即効性はないので注意しましょう。大事な会議の30分前などに摂取するとよいでしょう。

ツボを押す

手や頭に眠気を覚ますツボがあります。眠気を感じたら軽くツボ押ししてみましょう。疲労回復効果もあるのでおすすめです。

晴明

左右の目頭の上の骨の近くにあるくぼみを親指と人差し指でつまむようにぎゅっと押しましょう。
目の周りの血流がよくなって目がすっきりします。

合谷

手の甲の親指と人差し指の骨が交差するくぼみを親指と人さし指ではさむように力強く押しましょう。
血行が良くなり眠気と疲れ目が改善されます。

中衝

中指の爪の生え際の親指寄りの場所を親指と人さし指ではさむように力強く押しましょう。
眠気覚ましとリラックス効果があります。

風池

首の後ろの生え際にあるくぼみを両手の親指で力強く押しましょう。
眠気覚ましと肩こり、疲れ目の改善に効果があります。

ガムを噛む

ガムを噛んで顎をリズミカルに動かすと脳が覚醒して目が覚めます。また血行が良くなり脳が活性するので集中力もアップします。

ミント系やカフェインが入っているものなど刺激が強いガムがおすすめです。

ロッテ

ブラックブラック粒ワンプッシュボトル

身体を冷やす

身体を冷やすと眠気を促す副交感神経の働きを抑制することができます。
おでこや首筋、わきの下に冷却シートを貼ったり、顔や手を冷水で洗うと眠気が覚めます。

目薬を差す

清涼感のあるクール系の目薬を差すと目がスッキリして目が覚めます。疲れ目の改善にもなるので、目を酷使しがちな方におすすめです。

まとめ

日中の眠気を解消する方法は様々ありますので、ご自身の環境やスタイルに合う方法をお試しください。
また睡眠の質を改善することで眠気を解消することができるので、日ごろ眠気を強く感じる場合は睡眠の質も高めましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる